Home Style Magazine Lifegear

VOL.1234

 

 

 


家をつくる、住まいをつくる、それは、lifegearにとって、社会的価値、環境的価値、自己表現でなけれなばらない。キャリア形成にキャリアカウンセラーが必要であるのは、自己表現、自己開発の専門家。そのキャリアの人生のライフイベントに、「家づくり」は自分自身を象徴。その「家づくり」のカウンセラーが、建築家である。



「家」はその人の人生をあらわします。ひとつの履歴書でもあるわけです。

「住まい方」は、その人の趣味、センス、そして人柄を表します。

「家づくり」とは、購入することではありません。
自分のスタイル、生き方にあった「家」を求めることと探し当てること。
また、現在の家をリフォーム、リハウスするまえに、快適で清潔な「暮し」をたてること。
「家づくり」とは、「暮し方と住まい方」なのです。


 

住まいの選択肢 


art web house

http://www.artweb-house.com/index.html

「世界でただひとつの家をつくる」

プレステージゴールドの会員に、このart web houseの特別特典がついている。


archinet 

「隣人関係」「職住一体」「まちの文脈」

当代屈指の建築家とつくる『コーポラティブハウス』


architect + internet
= archinet


「家」は住まう人を選べません。
「家」も、住まう人の人柄と品格を求めているのです。
「生き方」の象徴である「住まい」にふさわしい人間つくりが、本当の「街づくり」なのです。

 

 

住まい探しは「自分探し」

 不動産業界のIT革命?!

ニュースでも、専門誌や雑誌で、聞いたこと、みたことのある方も多いと思いますが、バーチャルショールームの導入です。

3D技術を利用し、ホームページの中にバーチャルモデルルームと呼ばれるインターネット上のモデルルームの製作する企業むけの情報ですが、物件の間取り図をみて、いくつも物件をみてまわることをデリートし、インターネット上でモデルルームをみて歩くシステムです。

これは、物件を求める側にとっても魅力的な情報です。

メディアネット株式会社の製作したバーチャルモデルルーム「センチュリー府中南町」

センチュリー府中南町HP
http://www.cosmo-life.com/fuchu-minamicho/

 

「自分は大丈夫から目を覚まして」

現代は、周囲に潜むさまざまな危険から身を守らなければならない時代です。
いま、セキュリティ対策(安全対策)が欠かせません。自然災害、火災、盗難、誘拐、拉致・監禁、事故など、毎日報道されています。

ホームセキュリティ、携帯できるセキュリティ、医療、損害のセキュリティなど、セコムのメニューは、 24時間「あらゆる不安のない暮し」へ対応しています。

 

アーバンデザイナー ヒロ・佐々木氏   

サンフランシスコ在住

“まちづくり”って何だろう?


lifegearは、ヒロ・佐々木氏から学んだ「まちづくり」をさまざまな情報や、建築家、インダストリアルデザイナーなどの見解、考え方を提供し、生活者のライフキャリアの選択肢をひろげています。


web counseling 「新着情報」から −海外生活−

ミッドイースト 55丁目アパートメント

World Apartments jp

1週間以上の留学、海外生活、出張、赴任、旅行に最適さと快適さを提供するエンプラスのWorld apartmentsは、家具付きアパートメントから、最大80%offのホテルも予約できる。また、都心の家具付き・家具無しのマンスリーマンションも扱っていて、世界にひろがるネットワークをもつ。

 

 

ナチュラルで快適な暮しを持続するために

 

「 気持ちよさ」とは、どこからくるのでしょうか。

贅沢な時間を過ごすために、仕事、学校生活、ホームメイクからの解放を、豪華なインテリアが癒すわけではありませんよ。

ファッション、身のこなし(配置や導線)、キッチンやテーブルツール、さまざまな日常品にいたるまで、趣味のよい、機能的なモノと配置が、あなたの考え方や暮らしの衣・食・住に対して、バランスをとれて、はじめて「快適」を実感するのです。

ワイン、花、香りは、メンタルヘルスのケアにもなります。

 

「気持ちよさ」を体感するために


自然を感じる心。「花を一輪」でも「ちいさな観葉植物を一鉢」からでもよいのです。「手間」をかけて育てる「自然」を身近に。

ホコリ、手垢、汚れのない清潔な住まいと衣服、身だしなみ、そしてカラダと美しい身のこなし。

ティッシュや日用品を、価格だけではなく、自分の暮しにあったモノ、自分の考えにあったモノを選んでいますか?品質、機能、安全、社会的企業への貢献など。

「間に合わせのモノ」、「なんとなく」、「皆が持っている」、「トレンド」、「その時かわいい、かっこいいと思ったから」という選択では、いつか、大切なモノさえ、ゴミに変わるでしょう。

人を愛しているときのような「魂」を、小さなモノにも与えることが、快適な暮しを持続させるのです。

 

FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO